電話占い師を探すときは自分の感覚を大事にしよう

電話占いでは最初こそドキドキするものの、良い先生と会話した後は、不思議と満たされる感覚になっているものです。通話を終えた後も継続して相談したいと思えるかどうか、優れた鑑定士の3つの特徴に当てはまっているか、振り返ってみましょう。

心が落ち着き、ほっとする

良心的で相性の良い鑑定士に対しては、他人とは思えない安心感や信頼感が芽生えます。1回通話しただけでも、「又次回お願いしたい!」と強く思えるならば、その占い師で間違いはないでしょう。

電話の相手は、たとえ親友や身内に対して打ち明けづらい話でも、すんなり話せる人だったでしょうか?自分の方から悩みがとめどなく溢れても、なぜかこの人なら受け止めてくれるという包容力を感じれば、あなたにぴったりの占い師である証拠です。

しかも、電話で繋がっていない間でも何故かいつもそばに居てくれるような、不思議な安心を覚える人もいます。そんな先生とは、性格だけでなくスピリチュアル的な絆も強いといえるのではないでしょうか。

鑑定士の助言を素直に受け入れられる

鑑定の結果にもよりますが、電話を終えてもなにかすっきりせず、電話占いピュアリのリアルな口コミと評判自分に変化が与えられていなければその占い師とは巡り合わせが悪かった可能性があります。アドバイスがすんなりと自分の中に入ってこない、納得出来ないと素直に受け取れなかったら、2回目以降も相談する気にはなれませんね。

自分が前向きに変わってこそ占いに相談する価値があるので、考えの変化や行動の決意が芽生えたかどうかも、占い師を評価する指標になるでしょう。どんなに迷っていても、話し終えると自然に笑顔になるくらい気持ちが軽くなるのなら、たとえすぐに問題が解決しなくてもいずれは自分次第で幸せな運勢を招き寄せられます。

声を聞いただけで分かる?

占いの声も相談者との相性や話しやすさを左右する要素で、初めて声を聞いた時から心にすっとなじむような癒やしや安心を感じられれば合格点です。悩みや状況によって、ホッとさせてくれるような落ち着きのある声だったり、沈んでいた心を明るいほうへと導くような溌剌とした声など、求めてくるものも変わります。

まずはさまざまな鑑定士の声を聞いてみて、「今だったら、誰の声が一番聞きたいか?」との基準から選んでもいいですね。その時々により自分の心が動かされる先生と話しただけで、不思議と元気をもらったり心がやすらぎ、大きなメリットが受け取れることでしょう。

信用できる電話占いサイトの特徴から選ぼう

電話占いの専門サイトに対しては、怪しげな印象を持っている人もまだまだ存在するでしょう。電話占いは10年以上の歴史があるので、それ自体信頼面では問題ないのですが、悪徳サイトや昔風のデザインで敬遠されがちなサービスが未だ残っていてもおかしくありません。信用して相談できるサイトを探すなら、以下の特徴に当てはまっているか調べてみましょう。

メディアでの登場実績は高いか?

売れていてユーザー数の多い占いサイトはすなわち、PRも活発でより人が集まる好循環を形成している特徴があります。他の占いと比較すると電話鑑定は陰に隠れがちですが、有名占い師が電話相談を受け付け始めて以来、存在感も強くなり大々的な宣伝も目立ち始めていますね。

サイト自体の知名度は低くても、在籍している占い師のメディア出演実績が高ければ、ちゃんと鑑定の質は期待できるでしょう。女性誌やファッション誌、漫画雑誌でも広告が載っていたり連載コーナーを持っているほどの占い師ならば、怪しい営業は行っていないはずです。

メール攻勢がしつこくない

怪しいサイトに登録してから怒涛のようなメール攻撃に遭った経験をお持ちの方は、電話鑑定サイトに登録するのも躊躇するでしょう。実際に詐欺サイトではそんなケースもありますが、すでに多数の在籍占い師やユーザーを抱えている大手サービスでは顧客の嫌がる宣伝メールなどの行為は控えられています。

ユーザーが離れていかず安定して支持されているサービスなら、スパムメールや宣伝メールといったたぐいは一切無いといっていいです。ユーザーに嫌われることはせず、良心的な商売をしているからこそ、高い運営実績を保っていられるのです。

若い人でも入りやすい雰囲気がある

世代を問わず電話鑑定へのニーズが高まっている現在、従来の怪しげな雰囲気を醸し出している占いサイトのデザインは売れなくなっています。カジュアルで清潔感があり、明るいイメージのサイトであれば、信用できそうな感じを抱くのではないでしょうか?

占い師の応対の仕方も、いかにも神秘的で物々しい雰囲気よりは、優しい先生や友達みたいな親しみのある感じで接してくれるほうが話しやすいはずです。占い師っていうと特別なイメージがあるし、どうもとっつきづらい・・・という偏見は捨てて、気軽に親友やアドバイザーに人生相談したり愚痴をこぼす感覚で話してみましょう。実際に話してみて、「意外と身近な感覚で会話できる!」と安心する声は多いんです。